FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
次は、グループに分かれて、
“卵についての詩”をつくってみました。

新しく書かず、先にみんなが書いた詩を組み合わせて、
一つの詩にして、発表します。

気に入った言葉を繰り返してみたり、
歌にしてみたり、大きい声や小さい声で言ってみたり、
発表の仕方は自由です。
さて、どんな詩が生まれるのかな?


↓みんなが作った詩を、1行ずつ切り分けてつなげてみたり…。
みんなで詩をつくります


いよいよ発表です!
歌やいろいろな動きをつかって発表してくれました。

↓「黒い部分、瞳がほしい!」
目玉がほしい!


↓「中には希望、誕生、死、そして食。日々の卵、満腹にしてくれる。」
食べられちゃう!


こちらのチームは、「愛」についての詩にしあげました。
↓「愛は新しいライフをつくりだす。」
愛について・・・

スポンサーサイト
このプロジェクトでは、ワークショップの中で
参加者のみんなにいろいろな特技を披露してもらいます。

今日はジャマイカ出身のデニスに
「ジャマイカ・ダンス」を教えてもらいました!

彼女いわく、ジャマイカにはレゲエが生まれる前にも
たくさんの種類の音楽やダンスがあったそうで、
今日は古いタイプのダンスと、新しいタイプのダンスを教えてもらいました。
ジャマイカ・ダンス
デニス、かっこいい?!


みんなも踊ってみよう!
みんなもノリノリで踊ってみました。
今日のワークショップがスタートし、
突然こーたさんから渡されたもの…それは…
本物の「タマゴ」(しかも生卵!)

たまご!?


卵はいろんなものの始まり、スタートを表していたりもします。
卵をテーマに、思い出や空想などなど、
みんなで詩を書いてみました。

卵についての詩

卵からいろんなものを連想しますね。
おもしろかったものを紹介します!

「卵は目玉に見える。
目玉の白い部分だけ。
黒い部分、瞳がほしい。
誰か瞳をつけて。」

(中国人のチョウの作品です)
この日は、今回のプロジェクトで脚本を書くスーから、
作品についてのお話がありました。
参加者の皆さんもとっても気になっていたみたいですね。

このプロジェクトは?

実は、募集の時から参加者の皆さんにも伝えていますが、
このプロジェクトでつくる舞台作品には、
普通の演劇と違って、最初から決まった台本がありません。

参加者の皆さんが実際に経験したこと、今考えていること、これからの夢などを
参加者全員にインタビューしたり、ワークショップの中で表現してもらったりして、
それらを作品にしていきます。

その中にお芝居やダンスや歌のシーンがあったりします。

まさにみんなでつくる作品であり、みんなが「主役」の作品です。


どんな作品になるのかは参加者次第。誰にも予測できません!
(もちろんササにもわかりません。

今は、毎回のワークショップで、
皆さんにいろいろな発表をしてもらっています。
それが作品の中でどのように活きてくるのか、今から楽しみです。
そして、今日のメイン「のど自慢大会」を開催!!

全員で、一人1曲「自分が一番心をこめて歌える歌」を歌いました。

2人一組で、片方がインタビュアーとなり、
「何の歌?」「どうしてこの歌?」などなどインタビューします。

デニスは「Banana Boat Song (Day-O)」を空き缶の太鼓を使って、ノリノリで披露!
Day-o, day-ay-ay-o(デイ・オー・エイ・エイ・エイ・オ??♪)
デニスは太鼓を使って

ユミは「幸せなら手をたたこう」。
いろんな国の言葉で歌われているから好きなんだって。
もちろんみんな知ってますね!!
みんなで手をたたき、足をならしながら歌いました。
ユミは「幸せなら手をたたこう」


ルーは前にフレビアで開催された本当ののど自慢大会に出たこともあるくらいなので、
本当に歌が上手でした。日本語で「花」を歌ってくれました。
川は流れて どこどこ行くの??♪
ルーは日本語で「花」を熱唱

フィルはルイ・アームストロングの「この素晴らしき世界(What a Wonderful World)」。
モノマネ中の顔!↓(みんな爆笑)
フィルのものまね

他にも、サラは子供たちと一緒にバナナをつぶして食べる「マッシュバナナ」の歌(!?)を
振り付けつきで歌ってくれました。
レカは若いころにレカがハマった社会問題をテーマにした曲をポルトガル語で歌ってくれたり、
チョウは中国語で熱唱してくれたり、
ユイちゃんやみーちゃんはなんと手話つきで歌ってくれました。

みんな歌がうまくて感動!!!
みんなのこと紹介したいけど、今日はこの辺で…。

脚本を書いているスーによると、
本番でもみんなの歌が聴けるらしい!?!?!?
誰が歌うのか、どんなシーンになるか、
今から楽しみですね!!
次は「声を出す練習」と「聞く練習」です。

今度は2グループに分かれ、向かい合います。
向かい側の人に向かって(相手を見つめながら)、
大きい声で歩きながら
「最近ビックリしたこと」「怒ったこと」を話します。
向かい側に立つ相手はそれを受け止めます。

一人ひとりは何を話してるか、
ササには聞こえませんでしたし、横から見てるだけだったのですが、
身振り手振りをつけながら大きな声でしゃべながら近づいてくるのは…
傍から見てる私にもちょっとコワい(笑)
怒ってます!

喝を入れるため(?)みんなが大好きな「あーーーー!!」もやりました。
これは向かい合って、
向かい側の人に向かって走りながら
大声で「あーーー!!」叫びます。
(みんなストレス発散が出来るみたいで、大好きのようです)
「あーーーーーーーーーーー!!!!!」
あーーーー!!!

さらに…
それと同じエネルギーを使ってさっき同じことをやってみました。
さらに鬼気迫るものがあって…コワいっ!!

小さい声でもやってみました。
小さい声でもお客さんに伝わるようにイメージしながら…。

(演劇は初めての人がほとんどなので、
少しずつイメージできていくといいなぁ?と思います。
そして今日もダンスを踊りました。

まずは音楽を聴きながら、身体をほぐします
音楽にのって、たまちゃんの動きを真似しながら、
どんどん身体を動かしていきます。
ダンス!ダンス!


ダンサーのたまちゃんは、
音楽にあわせていろんな動きが飛び出します。
時には寝転んだり、
イスの上に乗ったかと思えば持ちあげたり、下にもぐりこんだり…。
ダンス!ダンス!ダンス!

音楽に身をゆだねるのって、
見ていてとっても気持ち良さそう!!
ダンス!


前回の復習もしました。
前回みんなが発表した「最近びっくりしたこと」を元に、
たまちゃんが振付をつくってくれたので、
それをみんなでやってみました。
電話やハンドクリームの振り付けなども!?
こんにちわ、ササです。
5回目のワークショップのレポートです。

このワークショップでは、毎回ウォーミングアップとして、
みんなで丸くなって名前を全員で言ってみることからスタートします。
今回はそれに加えて、それぞれの国の言葉で
「こんにちわ!」を言ってみました。
「Hello!」「Boa tarde!」「你好!」などなど…。
いろんな国の人が参加してくれているのだなぁ?と実感しますね。いろんな国の言葉で「こんにちは!」


このプロジェクトは、ついに参加人数が50人近くになりました。
毎回新しい仲間が増えるため、みなさん名前と顔を覚えるのが大変かな?
と思いますが、
毎回のウォーミングアップで、少しずつでいいので覚えてくださいね。

(しかも参加者の方のクチコミで増えているので、
きっと皆さん楽しんでくれているのだなぁーと、ササは嬉しく思います。



さて、ウォーミングアップも終わり、今日のワークショップが始まりました。

さっそく出されたお題は
「今日の“身体の気分”を“音”にして言ってみよう!」
です。
ん?、気分を音に…。むずかしい…。
と思っていたら、みんなからは
「ハヒハヒハヒハヒ」「グググググッ」
「ワタワタワタワタ」「ガーー」
「プゥー」「コポコポコポコポ」
など様々な音が飛び出しました。
中には文字では表現できないような音も…笑

また、「はぁ?」「ふぅ?」とため息のような音を出す人が多く、
「みんなお疲れなのか!?」と心配になりました。

みんなの音を発表した後、
今度は2人一組になって、相手の「音」を見つけるゲームに挑戦!
外で呼びながら逃げる人(鬼ごっこの鬼の役)と、
輪の中に入って追いかける(見つける)人とに分かれます。

外にいる人は相手の気持ちの「音」を大きい声や小さい声で言いながら、
輪の外を回ります。
中の人は、目をつぶって相手の出す「音」を頼りに、
外の人を追いかけ、捕まえます。

一度に全員でやるのでいろんな音が飛び交います。
相手の発する「自分の音」を耳を澄まして探します。

今回はササも混ぜてもらってやってみました!

いろんな声の中で、鬼の役の人が小さい声だったり、
動き回ってみたりで、なかなか捕まえられない…
しかも目をつぶっているので自分がどこにいるのか分からない…
でもよ?く耳を澄まして、声のほうに向かって行って、
みごと捕まえた時はホッとした気持ちでした。

ふだん耳を澄ますことなんて、ほとんどないので、
目をつぶって聞こえてくる声や音だけに集中したのが新鮮でした。

たまちゃんいわく、
これは「耳掃除のエクササイズ」だそうです!!耳を澄まして…
今日はなんと、アルゼンチン人でプロの歌手のアニバルさんが、
ゲストとして来てくださいました!!

歌手のアニバルさん

アニバルさんに美声を披露していただくと、
居ても立ってもいられないのか、誰からともなく踊り出して…!
いつの間にかワークショップ会場はダンスホール状態に!!!

ここはダンスホール!?

ファミリーで参加されている、ケン&ルー。
2人のラブラブなダンスに、ササはうっとり…なのでした

夫婦でダンス♪


いよいよ、覚えたダンスをグループに分かれてみんなで発表です!

ダンスを踊る前に、
踊る時のテーマの「気分」を下の4つの中から決めます。
「ジャジャーン」 「ぽわ?ん」
「ドキドキ」 「ワクワク」

同じ振付だけど、「ジャジャーン」の気分で踊ったり、
「ぽわ?ん」の気分で踊ったり!?
どんなふうになるのかな、とササはワクワクしてきました

次に、グループの中でミュージシャン(音を鳴らしてリズムをとる人)と
ダンサー(踊る人)に分かれます。


ミュージシャンに与えられた「楽器」は、
新聞紙、ドラムスティック、ダンボール、イス……!?楽器!?!?
そして自分の声を使って、
「ぽわ?ん」「ワクワク」などの気持ちを表現します。

ドラムスティックでイスを叩いてみたり、
新聞紙をやぶってみたり、クシャクシャに丸めてみたり、床をこすってみたり…。
「アワワワワワワ…!!!」とターザンのように叫んでみたり…!?

グループのみんなで相談中!↓
相談中!


いよいよ発表!

ゆっくぅ????り踊っているのは…
「ぽわ??ん」かな!?(@@?)
発表!ダンサー

小さなミュージシャンは、ダンサーの動きとみんなの手拍子に合わせて、
手作りの楽器を奏でます。
発表!ミュージシャン

ミュージシャンの奏でるリズムと、ダンサーの息がぴったりのチームもいましたが、
まるっきりお互いを無視(!?)して好きなようにリズムを刻むミュージシャンもいたりと、
いろんなチームがいました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。