上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日はあいにくの雨でした
台風が近づいていることもあり、本当にどしゃぶりでした。いつもと違う会場「わくわく体験館」の体育官はとても広く、屋根を打つ雨の音がすごかったです

しかし、参加者の皆さんは雨にも負けず、今日もワークショップをがんばりました!

では、わたくし、つねちゃんが5月29日のワークショップ内容を報告します。
まずは、ウォーミングアップです。
2人1組で1人が目をつぶり、人差し指のみを繋げて歩きます。目を開けている人は、閉じている人を色々な所に誘導します。

011.jpg


そして、パートナーを誘導して、何かに触れさせます。
これは、誰でしょう?

023.jpg


今日はストレッチもしました。参加者の皆さんは、広い体育館に寝そべって気持ちが良さそうでした

043.jpg


次に、今日のテーマでもある「死について思うこと。」を2人一組になり質問しあい、グループ全体で発表しました。
死というと、少し怖くて、暗い感じがします。しかし、死に関する考え方はその人の人生に対する価値観にも繋がるような気もします。

みなさんは、死について考えたことがありますか?何かのビジネス本に、「自分のお葬式をどのように行いたいかをイメージし、そのイメージを実現させるために人生の目標や、今すべきことを考え実行しましょう。」ということが書いてありました。例えば、家族や、友人、仕事で関わった人たちから「あの人はいい夫・妻・上司だった。」と死後言われたいと思うと、生きている今をいかに過ごすか、他人とどう関わっていくか考えますよね

さて、本日の参加者の皆さんの死に対する考えです。

死、そのものよりも家族や親しい友人との別れが寂しい
死後の世界ではおばあちゃんに会いたい。
死ぬ直前に、色々なことを謝りたい。
死ぬまでに、子どもが家庭を持ち自分がいなくても大丈夫だという姿を見たい。
選べるのであれば、妻よりも先に死にたい。1人で残るのは寂しい。
死後も肉体はなくなっても何かは続くと思うから、死は全く怖くない。

P1130416.jpg


後半のグループも引き続き死生観のワークショップを行いました。
まずは、スーが「がんの看護師として活躍していた友人ががんと診断をされ、がんにより亡くなった。」という話を参加者皆さんに対してしました。
がんの延命はせず、自ら治療方針を医師に指示し息をひきとったスーの友人は自らの死をプロデュースしたと言えます。

P1130447.jpg


参加者への問いは、「どのように自分自身の死をプロデュースしたいか。」です。
「あと一年で死ぬとしたらどのように死にたいか。どういう手紙を残したいか」というテーマのもと話は進みます。

手紙ではなく、一本の道(人生の様にどこに繋がるか分らない道)を描きたい
今、毎日を精一杯いきているので言い残すことはない
宗教など何も信じていないので、死後は何も残らないと思う。
人生は辛いが、後悔のない毎日を送るようにと家族に伝えたい。


今日のテーマ「死や生」は、普段改めて考えることが少なく、またなかなか他人に打ち明けるのが難しいことですが、参加者のみなさんは真剣に考え語ってくれました。
参加者のみなさんの、様々な考え方や価値観は観客の方々の心にきっと響くと思いました

093.jpg

102.jpg

098.jpg
スポンサーサイト
多文化共生プロジェクト2011
公演「普通の人々(仮)※タイトルは変更の可能性があります。


7月30日(土)・31日(日) 各日15:30開演(開場15:00)
可児市文化創造センター(ala)・小劇場
<入場無料・全席自由>


可児市やその周辺に住む外国人。彼らはどんな想いで、遠い祖国を離れ日本にやってきたのか。どんな想いで日本に暮らすのか…。それを取り巻く日本人は…。「普通の人々」である彼らが今、語りたいこととは…。
音楽やダンス、映像を織り交ぜた多国籍パフォーマンス!





■■関連企画・同時開催■■

シンポジウム「多文化共生と文化芸術」
「演劇手法を用いた多文化共生への取り組み~外国人への災害支援のあり方~」
ゲスト:池上 重弘(静岡文化芸術大学文化政策学部国際文化学科長/教授)
BUI CHI TRUNG (ブイ チ トルン)(愛知淑徳大学文化創造学部長/教授)

司会:衛 紀生(可児市文化創造センター 館長兼劇場総監督)

7 月30 日( 土)13:30 ~ 15:00(開場13:00)
可児市文化創造センター(ala)・小劇場
<参加費 無料>

主催:NPO 法人可児市国際交流協会 / 共催:( 財) 可児市文化芸術振興財団




映画上映「ブラジルから来たおじいちゃん」

日本人移民とデカセギのブラジル人、国境を越えて生きる人々の真実に迫るドキュメンタリー。

7 月31 日(日)14: 00~15: 00(開場13:30)
可児市文化創造センター(ala)・映像シアター
<入場無料・全席自由>

ただいま92歳。
うんと前からグローバルに生き抜いてきた!
おじいちゃんがくれるのは、
お説教兼アドバイス、
教科書にのっていない
歴史のレッスン、
そして希望と勇気だ。

クレジット:ドキュメンタリー/製作:MuchaKU Lab/監督:栗原奈名子/2008年/日本/日本語・ポルトガル語/第21回東京国際女性映画祭招待作品

あらすじ:サンパウロ在住の92歳のブラジル移民1世が、ブラジルから日本に出稼ぎに来ている若い世代を訪れる旅を描くドキュメンタリー。
Hoje tivemos duas turmas no workshop onde na primeira turma foi feito exercicios onde havia interação e movimentos sincronizando os movimentos mantendo uma caneta por duas pessoas apenas com a ponta de um dos dedos desenvolvendo movimentos com os olhos fechados e no outro exercicio onde as pessoas sentadas no chão usando apenas o apoio entre as costas sem usar as mãos para se levantarem e hoje também com membros diferentes houve um dialogo sobre as suas experiencias e recordações de sua infancias narrando fatos que marcaram em suas Vidas.

Na outra turma agora somente com adolescentes foi desenvolvido exercicios para auto controle encontrando um ponto de equilibrio,para se sentar e levantar ,outro exercicio saindo em disparada de uma parede a outra com parada brusca na parede e em outra como se tivesse um vidro antes da parede diminuiam a velocidade como se tivessem batido no vidro e parando na parede,um laboratorio interessante onde poderam sentir e ter noção da reação e de como reagir.
Todo desenvolvimento nesta turma ao comando da "Tama" na qual desenvolve de forma descontraida mais com muita desenvoltura que transforma todo exercicio em forma descontraida,fazendo com que os integrantes se divirtam!

Celso

5/22ws1

5/22ws3

5/22ws2

5/22ws4




後日、訳を掲載します!(ササ)

5月15日(日)のワークショップのレポート(ポルトガル語でセルソが書いてくれたもの)の訳を掲載しました~!

翻訳はチヨシがしてくれました!(*^。^*)

↓クリックしてね
5月15日(日)のワークショップのレポート

こんにちは、サポーターのヒロミです

まずは今回も、コミュニケーションをはかるワークショップから始まりました。
ペアになって、倒れてくる相手を受け止めて、押し返して元の位置に戻す。

緊張していると上手くいかないので、倒れる方は相手を信頼してリラックスして、受け止める方も必ず受け止めてあげる。これが一番大切です。
最初は怖いと言っていたメンバーも、慣れてくると「気持ちが良い」なんて感想も聞こえてくるまでになりました。

IMG_2108.jpg

最後に、一人のメンバーをみんなで受け止めていく。これは、一対一ではないので、かなり集中力が必要です。
今日は小人数でのワークショップで、全員でのワークショップに比べると、かなり内容の濃いものになっています。

次に写真やみんなの生い立ちを語るワークショップを始めました。
まずは、赤ちゃんの頃の状況で、どんな日に生まれたか、名前の由来等、親から聞いた話や、子どもの頃は、どんな遊びをしていたか、誕生日の思い出、初めて体験した身近な人の死について、メンバーが順番に話していきました。

自宅の庭にマンゴーの木があって、2歳のころにはハイハイをして木の下まで行って、落ちてきたマンゴーの実を食べていたという思い出には、「うらやましい~」なんて感想も。
誕生日に、お母さんがサッカー場を再現したかのようなケーキを作ってくれたけど、それがとても嬉しくて、壊したくなかったので、食べずに1週間そのままにしておいて、結局捨てる羽目になってしまった…なんて、すごいエピソードも飛び出しました。

メンバーの一人が持ってきた、若い頃に写真屋さんに頼まれて撮ったポートレートは、とても綺麗でした。

IMG_2179.jpg


ここで、メンバーチェンジをして、第2部が始まりました。
第2部のワークショップは、ボールを使ったワークショップを行いました。
まず輪になって、渡したいメンバーの名前を言いながらボールを投げて渡す。次はアイコンタクトのみで、ボールを投げて渡す。次に、ボールを壊れやすいものに見立てて、隣の人に渡していく。
次は、自分が想像した物を隣の人に渡していきます。赤ちゃん→花束→ハムスター→生まれたてのヒナ…等、みんなのイメージは、どんどん膨らんでいきます。
花束を受け取ったメンバーは「もらって帰っても良い?」なんて嬉しそうに言ってました。

IMG_2191.jpg


次に写真やみんなの生い立ちを語るワークショップを始めました。

小さい頃にはサッカーをしていて、将来の夢はサッカー選手だったというメンバーは、子供のころは、誕生日を祝ってもらった思い出がなく、初めて誕生日ケーキで祝ってもらった時は、とても嬉しかったそうです。
運動会の写真を持ってきたメンバーは、徒競争が苦手で玉入れが得意だったそうで、もう1人のメンバーも、裁縫や料理は好きだったけど、走るのは苦手だったとのこと。
私も小さい頃は、走るのが嫌いだったなぁ…って小さい頃が懐かしくなりました。
自分の娘さんの小さい頃の写真を持ってきたメンバーは、とても嬉しそうに写真の説明をしていて、お母さんっていいなぁ…って、こちらまで幸せな気分になりました。


初めて聞くメンバーの生い立ちに、そんな子供時代を過ごしてきたんだ…って、メンバーの新たな一面を知ることが出来ました。
今回のメンバーの小さい頃の思い出やエピソードで、今回参加していない他のメンバー同士でも、色んな話が出来れば良いなぁ…って思いました。

IMG_2214.jpg

IMG_2220.jpg


こんにちは、つねちゃんです 5月21日のワークショップについてご報告します(*^_^*)

先週に引き続き前半後半の2グループに分かれてワークショップを行いました。
第1グル―プは写真を使ったワークショップ、第2グループはダンス中心のワークショップでした。


では、第2グループのワークショップについて☆

まずは、身体をほぐし、心を開き信頼を育むウォーミングアップです。
2人一組で、人差し指のみでペンを持ちあげて色々な方向に移動させたり回転させます。しかも、目を閉じて><

ペンを使ったワークショップ


上手く、ペンを落とさずに動かすコツは、「相手の呼吸を感じること」です。

参加者の皆さんは、

「お互いがお互いのことを考えると上手くいく。」「集中力を保って相手に、気配を感じさせることはとても難しい。」

とおっしゃっていました。
無駄な力を抜いて、相手の気配や空気を感じると感覚が研ぎ澄まされていくのかもしれませんね

2人一組で背中合わせのまま手を使わずに立ち上がるというウォーミングアップもしましたが、お互いにバランス良く押し合わないとなかなか立ち上がれません。

IMG_1826.jpg


参加者のみなさんが苦労する中、すんなり立ち上がれた2人組もありましたね。

立ち上がることに意識を向ける「集中力」を持続させることが上手く立ち上がるコツらしいです



ウォーミングアップの後は、写真ワークショップです。先週と同じく参加者のみなさんがそれぞれの過去について語りました。

IMG_1829.jpg


「話すことで、忘れていた過去の記憶がよみがえる。」という感想が印象的でした。

何年前の事でも、あった出来事やその時の自分の気持ちって消されずに心のどこかに保存されているのでしょうか




第2グループです。参加者は全員中学生の多文化最年少チームでダンスワークショップでした


ワークショップのテーマは「どうしたら、存在感のある身体になれるか。」です!


舞台に立つ人であれば、きっといかに自分の存在感を出すかを考えますよね。
しかし舞台に立っても、存在感のある人と、そうでない人と分かれます。

存在感を出す鍵は、「意識」によって身体をコントロールすることにあるそうです。

今日は、身体をコントロールすることをワークショップで体験しました。


まずは、ウォーミングアップです↓

IMG_1989.jpg

IMG_1980.jpg


次は、走る練習です。

身体を意識でコントロールすることがねらいですから、ただ走るだけではありません。
全速力で走って、壁の直前で速度を落としてふわっと着地する。100%から0%にすることをイメージします。


走って

IMG_2010.jpg



ふわっと、着地。

IMG_2011.jpg

難しそうですね~

IMG_2027.jpg


ふわっと着地するには、最後の最後まで集中して身体を脳の中のイメージ通りに動かす=コントロールしなければいけません。難しいですねぇ



走り終わった後、中学生のみなさんから「疲れた~」の声。



動いた後は、ちょっと頭を働かせてディスカッションです。といっても、床に寝ころんだりしながらのリラックスモードです。

IMG_2103.jpg



テーマは「良い親の三ヶ条を考える」です!

大人のみなさんは、どんな意見が出てくるか興味もありますが、ちょっと冷や冷やしませんか?

参加者のみなさんが考えた4ヶ条です↓

①子供に頼みごとをするときは押し付けずに、できるかできないかを確認すること。
(人に頼みごとをする時は、物の言い方に気をつけて、相手の立場も気遣っているよというメッセージを伝えなければいけませんね。)

②人と話すときは空気を読み、目を見ること。(適度に。)

③偽善者ぶった自己主張をせず、言いたいことはズバッと言うこと。

④相手側のことを考えて発言、行動すること。
(親という立場、権力を振りかざさないで話をする時は子供でも対等に見てほしい。)


大人のみなさん、どうでしょうか。


こういったテーマを元に出た意見から、参加者の中学生のみなさんが普段抱いている想いや価値観が垣間見えてとても興味深いですね。
4ヶ条は、どれも正しい意見だと思います。

いつも100%正しくすることは難しいですが、私も参考にさせて頂きますっ
参加者の中学生のみなさんも、この掲げた4ヶ条を忘れずに素敵な親になってくださいね。

IMG_2100.jpg

こんにちは。
ササにいつもついて回っている、つねちゃんです。
セルソに続いて、15日のワークショップについてご紹介します(^O^)

ササも書いたように15日は、少人数に分かれてお互いの人生の出来事やそれに対する想いを語る、というワークショップでした。

簡単な流れは、
①ストレッチの後に、「2人組もしくは、5人組に分かれて倒れる人を支える」ワークショップ
5/15WSウォーミングアップ

5/15WSウォーミングアッ5人組

②一人ずつ写真や記憶を元に、赤ちゃん・子供の頃について3分で語る
5/15バニー語る

③聞いていた人が質問
5/15写真を見る

④2・3人グループに分かれて、一人の人の過去をまとめて、本人以外の人が説明
5/15発表



5月、初夏の気持良い風が吹く部屋には、リラックス系のBGMが流れとても心地よい雰囲気でした。
参加者のみなさんの、「誰かのお話に耳を傾ける」というやさしさも心地よい空気を作り出していたと思います。

ワークショップは初心者の私ですが、スーとたまちゃんが繰り広げるワークショップを見ながら「なるほど~」と奥深さを感じました。

「2人組もしくは、5人組に分かれて倒れる人を支える」ワークショップをしたと書きましたが、それを見ながら私は「どうしてこんなことするんだろう?」と疑問に思いました。

しかし、最初倒れることや相手を支えることを怖がっていた参加者に対してかけられた

「相手の呼吸を感じることで、不安を消してあげましょう。」

という言葉を耳にして、これは「信頼関係」を作るためのワークショップなんだと気が付きました。

人生について語るということは、個人的な情報を話すということです。信頼関係があって、自分の話を受け止めてもらえる相手じゃないとなかなか話せないですよね。
うしろ向きに倒れるのも、お互いに「受け止めるという気持ち」と「受け止めてもらえる」という安心感が無いとうまくいきません。

参加者の気持を柔らかくして始めた「写真ワークショップ」では、参加者の皆さんはお話しがし易かったと思います。


参加者のみなさんのお話はそれぞれ、個性的で聞いてて思わず笑ってしまったり、微笑ましいものでした(*^_^*)

例えば、、
近所のきれなお姉さんの名前が命名の由来
お姉ちゃんによくいじめられて泣いていた (私もそうでした…。)
両親は、できるだけ読みづらい漢字を選んだ
おばあちゃんに可愛いゆえによく食べさせられた
足から生まれた(逆子) (幸運なことらしいです。)
子供のころから演劇をしていて、一番楽しかった役はシンデレラ
などなど

よく考えてみると、大人になって、赤ちゃんや子供の頃に話をじっくりする機会ってなかなかないですよね。忘れるわけではないけれど、遠い過去の話になります。
今日、話しながら笑顔になる参加者のみなさんを見ながらこうやって大切な思い出を誰かと共有することは大切かもしれないなぁと感じました。

5/15みんなに話す

5/15ヨハナ

5/15エリオ


7月の舞台でも、参加者のみなさんの人生や想いが観客の方々と共有できればいいですね!

今後も写真を使ったりダンスをしたり、楽しいワークショップが行われます。
お楽しみに♪


今日の稽古は、グループに分かれて小人数のワークショップを行いました。

それぞれ、赤ちゃんの頃や子どもの頃の写真、大切な人の写真などを持ち寄り、
名前の由来や生まれた日のこと、家族のことなどを語り合いました。

生まれた日の出来事には、みんなそれぞれドラマがありますね!
メンバーの意外な過去に、時には爆笑、時には苦笑い、そして涙ぐむシーンも。。

もしかしたら彼らの物語が、作品の中で使われるかもしれませんね。



さて、今回のレポートは、ブラジル人サポーターのセルソが書いてくれました。
後日、日本語訳を掲載ますね!(ササ)





" Num divertido e descontraido bate papo os integrantes trocam experiencias e passagens de suas Vidas desde a época da infancia até os dias de hoje, discutindo relacionamentos e através do diálogo, vendo alguns pontos em comum e alguns conceitos e preconceitos que houveram durante o percurso da Vida de cada um.
Entre as experiencias uma interessante foi a passagem de um dos participantes que conta sua relação com o teatro enfrentando com coragem e determinação no que se propoz e superando as barreiras e seguindo firme e forte atraz de seus objetivos.
Foi bem divertido e engrandecedor ouvir as experiencias vividas por cada um e poder ter a oportunidade de conhece-los um pouco mais!
Parabéns a todos os participantes e boa sorte a todos!!!"

Celso

<訳>
外国人達が輪になって明るい雰囲気の中、小さい時からの経験を語り合っていて、その中には差別にあった人もいた。
その話の中で一番興味深かったのは、演劇を通してやりたいことを実現できたり、勇気をもらえたりしたことです。

その話はためになったし、一人一人を知ることになった。
いい話ができてよかったね!これからも自分の人生を歩んでいってください!!
セルソ




↓グループ2のメンバーの写真です。

5/15グループ2

5/15写真ワークショップ


5/15レカ

5/15サントス




↓ワークショップ中、せっせとメモをとってくれているセルソ。
サポーター・セルソ
 (レポートありがとう~!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。