上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さて、昨日に引き続き今日もじゅんじゅんさん&スーによるワークショップ始まりますよ

まずは、じゅんじゅんさんによるウォーミングアップです。

2人組になって、背中のいろんな部分を一人が触ります。
もう一人は、触られた場所を押し返します。

背骨の一つ一つを動かすことってなかなかないので、自分の体なのにどうやってここを動かすの?!と考えてしまいます。

これは、背中を起こすワークとのことです

徐々に、体が温まりほぐれていきます。
単に体を動かくのではなく、‘神経’を使うワークとも言われておりました

IMG_4933.jpg

背中だけでなく、動かく場所は、腕、足、腰と全身に広がっていきます。

そして、それを途切れることなく続けていって、パートナーにダンスをしてもらいます。予期せぬ場所をとっさに動かすのって反射神経を使いますよね

IMG_4949.jpg

このウォームアップは、「パートナリング」と呼ばれるそうです。
相手をどうやって動かすか考え、
相手が指示した場所を動かす。
体もですが、頭もおのずとフル回転しています

パートナリングにより、‘即興’が生まれ、自分では見つけられない動きに出会うことが出来るそうです。
そして、気が付くと恥ずかしさがどうでもよくなって、楽しくなってしまうのです。

IMG_4951.jpg

続きまして、『顔』に関するワークショップです
2人組に分かれてお互いの似顔絵を描きます。
そのあと、お互いの顔についてより詳しく話をしていきます。

どこがお母さん似?お父さん似?という具合に。
一つ一つのパーツについて、じっくり分析したことってなかなかないと思うので、改めて考えてみたみなさんのコメントは一つ一つとても新鮮でした。


お母さんにの顔は好きですが? 好きになるしかないです。

変えたいところはありますか? ありません。

優しそうに見えるからお姉ちゃんの顔が一番好き。

ある一部が中学生まですごく嫌だったけど、かわいいねと言われるようになって、これはこれでいいかと受け入れるようになった。今は特に変えたいと思うところはない。

目が大きい従姉みたいな顔になりたい。

ハーフだと、日本の学校で目立つので嫌だった。

母親のスマートな鼻、目の色、髪の色にもっと似たかった。

髪がストレートな人はブラジルにはいないので変わっててよかった。

周りと違っても差別されることはなかった。

IMG_4985.jpg


IMG_5040.jpg

ある参加者の方からこんな質問が投げかけられました。

「ブラジルでは、いろんな国の血が混ざっていることは当たり前ですが、日本人の方でどこか他の国の地が入っている方はいますか?」

その参加者の方は、スペイン、ドイツ、ブラジルの先住民などの血が家族に流れていると話していました。

確かに、日本人でいろんな血が混ざっている方ってあまり見ないですよね
島国で、ほかの国との距離があったことも関係あるのでしょうか。

こういった、違いは「顔」をはじめいろんな事柄を捉える視点の違いにつながるのかなぁと、とても興味深く感じました

参加者の皆さん、貴重なお話をありがとうございました

IMG_4967.jpg
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://alaoutreach.blog66.fc2.com/tb.php/123-9e62eb50
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。