上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は、じゅんじゅんさんによるワークショップです

そして、今日は映像担当してくださる映像作家・美術家の岩井茂昭さんも初参加して頂きました!
「しげさん」です!

正面の写真がありませんが、、右側がしげさんです。
どうぞ、よろしくお願いいたします★

IMG_5192.jpg

まず、軽くウォーミングアップをしてから、みんなで輪になってしげさんに自己紹介です。
ただ輪になるだけではありません。マッサージをしながらの自己紹介です

IMG_5189.jpg

ここからは、スキンシップが多めのワークショップでした。

スキンシップといえば、日本人は、あまり触れ合わないですがブラジルではスキンシップは当たり前ですよね。
私も、あいさつと同時に、ブラジル人の参加者のみなさんにいつもハグをしてもらっています

触れる、ということはその人に対する信頼を前提にしている行動ですよね。

ブラジル人の参加者の方が、こんなことを言っていました。

ハグをすることで、自分のもっている良いエネルギーを相手に与えられると信じているからいつもハグをするんだ
愛しているという気持ちがあれば愛が相手に伝わると思うから家族にはいつもハグをする

正直、日本人である私はハグに慣れておらずいつもドギマギしがらハグをいただいています
しかし、ブラジル人の方がどんな思いでハグをしてくれているのかを少し理解すれば、もうすこしリラックスできるような気がしました。

さて次は、触られたところを押し返すワークショップ

音楽に合わせて、テンポを変えながら体を押し返すととおもしろい動きになります。
音楽は、キャロルキング、ロック、などいろんなものに変えられて、それに合わせて意外な動きが生まれておもしろいです

IMG_5195.jpg

外から見て美しいか否かは、関係ありません。ただ、指示された動きをすることに集中するとこが重要とのことです。

また、触れるということは「言葉を使わない会話」なので、押す側の人はしっかり教えてあげること。が大切とじゅんじゅんさんはおっしゃっていました

動きを支持する場所を、腕、、上半身、腰、下半身と限定していきます。
動きをリードされる側は、どんな動きをすればいいのかちょっと戸惑い気味。

IMG_5234.jpg

舞台の上では、一人で踊ることはあまりありません。
つまり一緒に舞台にいる人を感じることが重要です。
まるで、芝居のように、相手の存在や動き、感情に合わせて反応することが大切。とじゅんじゅんさんの言葉。

次は、押し返す場所をリードする役のチェンジを2人組それぞれで決めます。
会話はなし。
相手が体を通じて言わんとしていることを、感じて反応することは難しいです。

これは「演劇に近いダンス」ではないか、とじゅんじゅんさん。

IMG_5263.jpg

最後に、究極の無言の会話とでも言いましょうか、
5分間無言で見つめ合います

みなさん、5分間も誰かと無言で見詰め合ったことってありますか?
部屋には、なんとも言えない緊張感が漂い、すでに舞台の雰囲気のようでした。

IMG_5254.jpg

じゅんじゅんさんも、無言で見詰め合うというのは相当異常なことで
そえゆえに力を持っている、とおしゃっていました

参加者の皆さんの感想です↓

相手が自分に似ているんじゃないかという変な思いが浮かんできた。
相手の瞳に映る自分をみようとした。
相手のことを考えると見詰め合えないので、「5分間目を見る」ということだけに意識した。
相手のパワーが大きすぎ(目力)て受け取るのが大変で笑ってしまった→途中から心を空っぽにしたら、途中からリラックスした。自分がリラックスして相手もリラックスしているのを感じた。
日本では、目を見つめすぎると失礼と思われる場合もある。

などなど。

誰かに何かを伝える手段は、会話だけではありません。
あえて言葉をなくして、体や目だけで何かを伝えようとしたり、相手を理解しようとする行為は
新しい表現に見えてくる様で、とても新鮮なワークショップでした。

さて、明日は映像作家のしげさんによる、ワークショップです!
どんな内容になるのか、楽しみです~

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://alaoutreach.blog66.fc2.com/tb.php/125-7c9aac8f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。