FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
後半、30分程の休憩をはさんで、今日はいよいよ!初めての劇場での稽古です!!

今年から参加のメンバーは、劇場の裏側に興味津津です。

まずは、今回のプロジェクトに関わっていただくスタッフの紹介がありました。
みんな“プロ”って感じの人ばかりで頼もしいです。
最初に「舞台は危険な箇所が沢山あり、安全第一で、必ずスタッフの指示に従うこと」との注意事項がありました。
みんなで創り上げていく舞台を、怪我の無いよう、気を付けていきましょう。
初めての劇場


最初に、休憩前にたまちゃんから教えてもらった曲を舞台上で歌いました。
次に、舞台上と客席の奥に分かれて、1パートずつ交互に歌いましたが、
それぞれのグループに届くように大きな声で歌ったり、
大声じゃなく、細長いパイプを使って相手に声を届けるような気持ちで歌ったりしました。
みんな、さっき初めて聞いて覚えた曲なのに、とても上手に歌えてました。
アフリカの歌2

アフリカの歌3


今度は舞台上でペアになり、それぞれ今日の気持ちを「音」で表現して相手に伝える。
伝えた言葉の「あ?」とか「スー」などを合言葉として、
1人が目をつむって、もう1人が少し離れた所から、その合言葉を相手にささやいて、相手を自分の方に誘導する。
探すほうは耳を澄まし、相手の声を頼りに探すのですが、あちこちらからいろな人の声が聞こえて戸惑います。
さらに今回、同じ言葉を合言葉にしているペアが2組あって混乱したみたいだけど、
相手の声も聞き分ける集中力も必要みたいです。
声で探す




次に客席に降り、ペアになって、1人は目をつむって、もう1人が相手の手を取って客席内を誘導しました。声で伝えてはいけないので、曲がるときは動作をゆっくりにしたり、階段では足を鳴らしたり、相手のことを気にかけて動作によって相手に伝える。また、誘導される側も、相手の動作の動きを体で読み取って、感じ取ることも大切です。

最後に、舞台上に何本かの毛糸を吊るして、それで何が出来るか…。アナコが早速アイディアを出しました。
最初にアナコが糸を見つける。他のメンバーは歩いていて、次第に糸に気付いて糸を見つめる。
糸が下に下がってくるので、糸が下についたら、みんな歩き出し、輪になって回りながら大小2つの輪になる。
ちょっと神秘的でした。
糸が垂れてきた


今度は、下がった糸を放射線状に持って、メリーゴーランドのように回りました。
糸の中心の支点を動かさないように、みんなで呼吸を合わせて回りました。とても綺麗で感動です。
クモの巣をつくる


最後にスーから
「今年の公演は、自分の声が客席の奥まで届くように頑張ってやること。稽古中もそれを意識してやるように。」
との事で、みんなは客席の奥を見ながら、不安と期待の入り混じった顔をしていました。
みんな。頑張れ!!


今回のワークショップには、昨日のバーベキューパーティに来てくれた、ミホの友達も参加してくれました。
こうやって、もっともっと友達の輪が広がっていくと良いですね。

(ヒロミ)
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://alaoutreach.blog66.fc2.com/tb.php/70-de4f1f17
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。