上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は、いつもとは場所が変わって体育館での稽古です。
広い体育館なので、声が響いて劇場の雰囲気が味わえて、みんなのびのび稽古しています。


まずは「職人」チームの稽古から始まりました。
欠席したメンバーの代わりに、サポーターのチャーリーとユキが見事に代役を
務めてくれました(^o^)/

ここで、サポーターについて、ちょっと紹介します。
前回初参加してくれたカヨ、そして、前回までワークショップで出演メンバーとともに
頑張っていたユキが加わって、現在7名で、張り切って稽古をサポートしています。
公演に向けて、昨日はサポーターミーディングを行いました。
チャーリー差し入れのパンを食べながら、公演までの流れや、本番のスケジュールを
確認したり、公演のパンフレットのアイディアを出しあったりと、充実したミーティングとなりました。

本番までにやる事も沢山あって、サポーターもますます忙しくなりそうです。
サポーターの友人等で、参加してくれそうな人もいるみたいで、もっとサポーターの輪が
広がるといいな、と思っています。


さて、稽古のレポに戻りまして、みんなで一通り台本を読んだ後で、一つ一つのシーンごとに
自分の言いやすい言葉に変更したりして、最終的なセリフを決めていきました。
セリフを日本語にするか、ポルトガル語にするかも本人の希望も取り入れつつ進みました。


続いて「妖精・王様・女王様」チームの稽古に入りました。
みんなで演技をしながらの稽古が始まりました。
コージは、役の雰囲気を出すために頭にかぶり物をして稽古していましたが、
おばさんの雰囲気がばっちり出てました。


途中から、広い体育館を有効に使って、「妖精チーム」と「王様・女王様」に分かれての稽古になりました。

「王様・女王様」の稽古には、机とイスを使って、即席の舞台セットが出来上がりました。
たまちゃんの振付のもと、ダンスのタイミングを計りながら、マルシオとヨハナのダンスの稽古が進みました。
マルシオとヨハナのダンスはいつ見てもかっこよくて素敵です。
みなさんも、ぜひ公演当日観に来て下さい。

「妖精チーム」は馬や花の小道具も使いつつ、それぞれの動きをスーが確認しながら進みました。


最後に「妖精チーム」「王様・女王様」で通しの稽古をやりました。
スーからは、セリフの言い回しや動きに細かい指示があり、徐々に良いシーンになっていきました。


次に、「宮殿シーン」の稽古に入りました。それぞれのセリフを確認しながら進みましたが、
みんな大量のセリフを目の前に、公演までに覚えられるか不安そうな顔でしたが、
みんな楽しそうに稽古していたので、そんな心配も要らないみたいです。

最後に、セリフ読みの練習を一通り終えた宮殿チームが確認で立ち稽古に入っていきました。
はる、みか、やんきみ、ルー、たけしが加わって(途中めぐも加わりました。)、
ののさんとたまちゃん補助のもと、台本片手にどんな感じで入っていくのか確認していきました。


この宮殿チームとほぼ同時進行でスライム(小物)作りが始まりました(^^)
ゆみが材料を買い出しに行ってくれて、体育館でパパさん、アナコが一緒に参加。
まさに学校の図工の時間??(笑)

同じ体育館でやっているのにちょうど半分に分かれて世界が二つになっていて
真中にいる記録班(サポーター)は二つの世界を味わいましたよ(・・)w


※写真は後日アップします。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://alaoutreach.blog66.fc2.com/tb.php/83-29bf1fde
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。